Life is short, Time is flying, (from RENT)


by pirai2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ライブレポート( 26 )

オアシス@幕張メッセ

オアシス@幕張メッセに行ってきました。

東京での後半土曜日の公演のほうです。

超久しぶりの方と一緒でした。
最初は、どの曲なんでしょうか?なんて話してた3曲がずばりと
立て続けでした。

最初リアムの声がまったく伸びておらず、
お兄ちゃんも軽く怪訝な顔を向けてました。
リアムも「声が出ない」みたいな仕草でスタート。

かな~り不安な立ち上がりでした。

今回、すっごく思ったのがノエルの声の張りでしょうか。
なんか、悠々でかつズバッっと歌っている感じですね。

リアムの方は一度袖に戻った後は、声が伸びてた。
そうなったら、オアシスの公演はワクワクです。

序盤から中盤にかけての新しいアルバムの曲も
公演で聴くと思った以上に良かったですね。

リアムは終始
「なんだか、今日のレスポンスはいままで日本ではないくらい」
というコメントを言ってました。

そりゃそうでしょ、ロックンロールスターからシガレッツまで
観客大合唱でしたからv(^o^)v
代々木のときはドンルクくらいだったような。。。

あと、今回お兄ちゃんの声が良く通るので
The Masterplanなんか歌のよさを再発見できたし
通称黄門様もなんだか面白くてかっこ良かった。

そしてハイライトはノエルのMC
「日本で特別にやるよ、何でかしらないけど偉い人気があるんだよね」
で始まったWhateverでしょうか。
生Whateverは、ノエルとゲムのリキッドルーム以来ですが
本当に感動しました。
ノエルのアコギ一本ですよ。(あとはゲムのハーモニカがちょろっと)
行って良かったです。

アンコールではドンルクがやっぱりいいです。
大合唱度が高かった。
なんだか、大合唱に対して満足そうにギターを爪弾くお兄ちゃんがかっこよかった。

リアムのハイライトは、後半のI'm Outta Timeと
アンコールのChampagne Supernova とI Am The Walrusでした。

I'm Outta Timeは、生で聴くといい曲度が上がりますね。
歌い続けてほしいです。
「兄貴にこの曲をささげる」というMCでChampagne Supernova。
憎すぎです。なんか前回の公演からも思いましたが、
兄弟間の信頼感がハンパない状態ですよね。

締めのI Am The Walrusは、かっこよかったです。
観客の「ヒュー」もばっちりでした。

全体的に一体感のあるいいライブでした。
あとアクイーズがあれば、自分的には最強。
(でもアクイーズやったら、今回はお兄ちゃんの圧勝だったかと。。。。)



(01. Fuckin' in the Bushes)
02. Rock'n'Roll Star
03. Lyla
04. The Shock of the Lightning
05. Cigarettes & Alcohol
06. The Meaning of Soul
07. To Be Where There's Life
08. Waiting for the Rapture
09. The Masterplan
10. Songbird
11. Slide Away
12. Morning Glory
13. Ain't Got Nothin'
14. Whatever
15. The Importance of Being Idle
16. I'm Outta Time
17. Wonderwall
18. Supersonic

---------------encore---------------
19. Don't Look Back in Anger
20. Falling Down
21. Champagne Supernova
22. I Am The Walrus (The Beatles cover)

追伸
次の日のMCでは「なえ~ば~」にくるそうです。
自分が行った日は5年は来ねぇよみたいなkpといってましたが。。。
で、フジロックのオフィでも発表ありました。

今年もフジ行ってきます。
[PR]
by pirai2 | 2009-03-28 23:59 | ライブレポート

Hiromi's Sonic Bloom @ Japan Tour

帰宅したら更新します。

帰ってきましたので更新。

上原ひろみさんのツアーに行ってきました。
BlueNote東京での公演と国際フォーラムでの公演。

今年は3回、聴いたことになります。

まず、ブルーノートの公演。
フジロックで聴いた時のはお互いがお互いをアシストという印象でしたが、
ブルーノートでの印象は、「なんだか発散しちゃっている感じ」です。
いや、否定しているわけでないんです。
かろうじて保たれているバランス、そして緊張感、必死さが詰まっていました。
ベースのトニーがすっごくバランスとるのに苦労していた感じでした。

そして、今日の国際フォーラムA。
大バコです。そして満員!
もうね、「圧巻」の一言。初めて彼女の音を聞いた二年前のフジロックで感じた
「ぞわぁっ」という感じがあったんです。
去年の必死の中にある余裕タップリな感じが全くなく、
カミソリの刃を渡るようなすっごい緊張感の中でお互いの音を協調しながらぶつけ合って曲を創り出していったライブでした。
新アルバムからの選曲だったのですが、鳥肌立ちっぱなし。
なんか、ピースがはまった感じだったのでしょうか、気合入りまくってました。
ひろみさんのピアノの力強さ、マーティンのダイナミックなドラム、フューズの狸なそして粋なギター、トニーのサッカーで言うボランチ的役割のバランス感。凄かった。
会場も大盛り上がりで、自分が今まで見た彼女達の単独公演では一番の盛り上がりだったと思います。あの大バコを総立ちさせた彼女達の演奏は観客の心に刻み込まれたと思います。
上原ひろみさん、泣いてましたね。そして多分トニーも。
自分もplace to beの彼女の演奏聞いて涙ぬぐわず聴きました。

多分予定のなかった再アンコールで演奏されたのは「XYZ」。フューズのギターでかっこいい曲になってました。

終わったとのバンドメンバーの満足そうな表情。
いいライブだったんだと再認識しました。



ここまできたんです。勝手にですがフジロックのグリーンステージの夜に聴きたいです。
そして音は悪いですが、武道館もやって欲しい。

これからも彼女達のライブ行き続けます!
[PR]
by pirai2 | 2007-12-09 21:57 | ライブレポート

BECK@ZeppTokyo

行ってきました~
パペットにべっくじら。なんといってもパペット♪

遅いので後日~
[PR]
by pirai2 | 2007-04-09 02:11 | ライブレポート
すこし遅れ気味で行ったHoobastankのライブ。

パンクでもあるが、美しい旋律のバラードも兼ね備えたバンドですよね。
最近では、ビールの宣伝で採用されたり一般の認知度がかなりあがったバンド。

サマーソニック06でマリンステージで貫禄のライブを見せたし
TheReaseonを聴きたかったりで行ってきました。

ShibuyaAXのチケットが早々とSOLDOUTしていたこのライブ。
Voのダグラスは気合入りまくりで、一曲目から全開、会場も全開でした。

BORN TO LEADから始まってOUT OF CONTROLと会場をあげまくる始まり方
ヒートアップし続けてJUST ONE。
ココまで熱く熱くしまくった後にこれでもかとINSIDE OF YOU。
そして最新アルバムからの名曲IF I WERE YOU等をしっかり聞かせて本編終了。

アンコールはTHE REASONを含めた3曲でした。

疾走感のある曲はガツンとかましてくれるし、バラードもしっとり聞かせてくれる。
硬軟織り交ぜた、ハイレベルなライブに大満足。
AXは小さいですよ、彼らには。そんな所で聴けたのは幸せかも。

ちなみに2006年度というくくりだと3回来日している彼ら
ダグラスは日系だからではないのでしょうが、
「日本で、ココでライブが出来るのが本当に好きだ」といっていました。
楽曲のスケールは本当に大きいんですよ。
ダグラスはガタイ小さいけど楽曲に負けないくらいマッチョですよ~

サマーソニックではステージ上にエイコおばあちゃんをステージにあげたんですよねぇ。
そんなおばあちゃん思いの彼らの今後の活躍を楽しみにしたいです。

激アツのセットリスト(オフィシャルサイトより)
[PR]
by pirai2 | 2007-01-20 03:10 | ライブレポート
年末のいろいろある中、「男子限定」という企画のライブ行ってきました。

まぁ、トークが面白いのと、10年JPOPの世界でトップ張ってるのと
親戚が大好きだったりで、かなり興味半分で行ってきました。

正直、びっくりしました。TM Revolutionに
打ち込みをほぼ排除した完全なバンドスタイル。
しかも、多分であるけど、普段のセットリストと違う「男子限定」というシチュエーション用のかなり、あっつい曲群。ロックしてました。

バカな男1600人集まるとすごいことになるんだなというのが実感。
予定調和という言葉が無縁なただただひたすら熱い空間。
熱すぎて、脱水症状からか星になった人数知れず。

クアトロ→AX→AX(満員)と規模をあげていった
このライブ行き着くところはどこなのでしょうか???
[PR]
by pirai2 | 2007-01-20 03:07 | ライブレポート
九月の東京JAZZのときからは考えられないくらいにスケールが違った。。。

ジェイミーのときもそうでしたが、何か持っている人が爆発させると、空間ってうねるんですねぇ。

いつも彼女には色々な感動と感情を貰ってるけど、フジ以来の衝撃の演奏でした。。。

ホールでは初めてスタンディングオベーションを周りを見ないでやりました。

来週はタップダンサーとの競演があるので観にいきます。


あと、スペシャ(12/27 23:00~)で矢野顕子さんとのセッションが放送される模様。
http://www.spaceshowertv.com/jammin/index.html
何かを持っている人同士のセッションなので、観たいです。というか永久保存版?

More
[PR]
by pirai2 | 2006-12-12 03:32 | ライブレポート


2004年のフジロックで日曜日の最初に熱く爽やかな風を
起こした演奏をしてくれたジェイミー・カラムの再来日公演に行ってきました。

登場したときは、髪の毛が長くなってファッションがかなりロックしてたので
「うおっ、なんだ???」と思ったのですが、そんなの関係なかった。

なにせ、AXの公演はホントにすごかった。
テクニックの天才、曲作りの天才の公演はたくさん見てきて満足してます。
で、ジェイミー君がなにがすごいって「音の天才、音の申し子」ぶりがほとばしっていました。
その場でピアノをちゃちゃっと弾きながらサンプリングして
そのサンプリングをループさせて再生しながら、ソレにあわせて演奏したり、
ピアノを「優秀な音響楽器」ととらえているようで、
良い音が鳴るところを叩いてパーカッションにしたり、
果ては、ピアノの弦を直接弾いたり、こすったり、
エフェクターを足元において歌ったり。。。
歌も、スタンダードなJazzか歌ったかと思えば、
メドレーの中にPussyCatDollsの曲を入れたり、
会場をお祭り状態にする、サンバのリズムをどかどかやったり、
ブッシュを強烈に皮肉った歌を歌ったりしていました。
どうも、基本線は決まっているけどその場でその雰囲気で曲を演奏していたみたいです。
聞かせる曲、定番の曲は完成されているためか、エフェクター類なしの
技術、歌唱力を存分と見せてくれました。

彼にとって音楽の枠ってないので???
彼のアルバムではRadioheadのカヴァーなんかもあります。
(ジェイミー版High and Dryは楽曲に美しさが余計に際立つスペシャルカヴァーかと)

Lonodon Skies、Everlasting Love、twenty somethingもやってくれました。
しかも新曲まで、うれしすぎ。

18ヶ月の長いツアーにもかかわらず、最後の最後に「追加」という形で
最終公演の地として東京を選んでくれたジェイミー。ホントありがとうございました。

今頃ロンドンでゆっくりしているのでしょうか?

おつかれさま!
[PR]
by pirai2 | 2006-12-06 23:59 | ライブレポート
行ってきました。
NOEL GALLAGHER & GEM FROM OASIS MYSPACE.COM/SEACRETSHOWJP
久々のライブレポです。

b0000033_2274376.jpg


一般600+200人招待+関係者400人のNOELとGEMのライブ。
実際は600人前後という超贅沢なライブでした。

19時をちょっと過ぎたところでNoel,Gem,Terry(綴りは適当)登場
ちなみにNoelは黒い革ジャンに赤いスカーフ。初代仮面ライダー。。。
客席側から左側にGem、中心にNoel、右側にテリーが座ってスタート。

ノエルの掛け声と共に始まったセッション
最初の曲は(It's Good)To Be Free。この曲の途中でPAが一気に安定。
Noelの声も万全。会場は一気に期待が上がりました。
そして、Talk Tonight。マイクに向かって熱唱するNoel。
代々木の時より気合が入ってる感じです。
Noelらしい曲のFade Awayの後は、Noel版Cast No Shadow
ノエル独特憂いのある声での熱唱。映画「Goal」でも流れるNoel版。
泣きそう、というか涙出てきた。。。
フッと気が抜けたところでoasisの曲の中では異彩を放つ
The Importance Of Being Idle
いつも思うけど、この曲のときのノエルの声は不思議な感じ。
吹っ切れているというか。この曲楽しんでる気がする。
終始しかめっ面ですけどね。
Listen UpHalf The World Awayでプチ合唱があり。
ここでNoelが演奏したのがWonderwall
ボブディランの歌い方みたい。アレンジはRyan AdamsのWonderwall風
そしてGemがオルガン風のキーボードに座って始まったのはなんとWhatever
このアレンジがすごいカッコイイ。
明るく歯切れのいいギターサウンド。
そして大体1.1倍速くらい感じの疾走感あふれるWhatever。
こんなの聞けるとはほんとに幸せを実感しました。
Whateverの感動の余韻がすごすぎて、次のSlideAwayに自分が入れたのはサビ手前。
アコースティックにすごっくよく合う曲。Noel楽曲のエッセンスが詰まってるますよね、この曲も。
Noelの「ワン、トゥー、スリー、フオー」の掛け声とともに始まったのは
Beatlesの超有名ナンバーStrawberry Fields Forever
Noelこの曲普段爪弾いていると思うくらいいい演奏。
観客とのちょっとしたやり取りの後、
いきなり「スリ、フオー」の掛け声の後はDon't Look Back In Anger
こんな小さい会場でこんな暖かい雰囲気でこの曲だと、起こることは唯一つ、大合唱。
昨年のサマーソニックとは違う種類の一体感。
涙出てきそうなくらい綺麗な空間でした。
「じゃ、これで最後」といって流れた曲は名曲Married With Children
明るく歌うNoel。名残惜しい感が辺りを包みました。

Noelお客さんとも照れながらぶっきらぼうにやり取りしたり、ある意味かわいかった。
「あにきぃ」の掛け声にNoelが「BigBrotherって意味だ」みたいな事をテリーに言ったり、
「テリー」の掛け声には「あいつ今一番幸せなんじゃね」みたいなことを言ったり、
お客さんとコミュニケーションとってましたよ、Noel。

ホントにホントに暖かいライブ。
普段の毒舌の裏にある彼の音楽へ注ぐ暖かい姿勢が伝わってくるライブでした。

こんな体験もう二度とないかな?くらいの気持ちで会場を出ました。
帰り会場では記念のポスターを配ってました。

b0000033_2281716.jpg


部屋に額つきで飾ってポスター見てはニヤニヤするつもりです。

感涙のセットリスト
[PR]
by pirai2 | 2006-11-17 02:28 | ライブレポート

summer sonic 06 day1/day2

取り急ぎ

day1
エルプレジデンテのライブ力が格段に良くなってた
Feelingの公演が印象的
キーンorz
キーンの理由と同じ理由で帰宅。。。

day2
PE'Z雰囲気最高 単独行きたい
外からのboomboomえらい盛り上がり
kooks良いバンドだね
ArcticMonkeyスケールでかすぎあの会場ではカワイソ
MUSE すごかったベストアクト
LINKINPARK 観客が悪いのかエンジンがかかりきらなかった印象。無敵状態のライブみてみたい
[PR]
by pirai2 | 2006-08-15 02:00 | ライブレポート
三日目のことをダラダラと。。。

ぐっすりと眠って起きたら9時。。。
また寝坊です、ハイ。こんなことなかったのに、年かなぁ


宿の老夫婦と軽くお話をして支払いを済ませて出発。
スキーシーズンに絶対にココ行きます。いい人なんですもん、ホント


友達はライノセラスがすごく見たかったらしいのですが
愛犬が大変なことになっているという駄目押しの報告で急遽帰京。

彼についていたリストバンドは、最終日参加の友達の腕に収まったのでした。


三日目は晴れ!あっつい。。。

b0000033_2522854.jpg
b0000033_2524885.jpg

b0000033_253237.jpg

b0000033_2534688.jpg
b0000033_2541483.jpg
b0000033_2543710.jpg



いや~。晴れるとフジロックの魅力倍増!夕暮れ時になると逆に寂しくなってくる。
今年もそろそろおしまいなんだなぁ。。。と

ストロークスが終わって、会場をあとに(一応仕事が朝から。。。)

帰宅したのは夜中の1時半。
ま、時間は想定内なのですが、現実復帰が出来そうにない感がいつもより大きい感じ
レッチリ?フジロックマジック?
[PR]
by pirai2 | 2006-07-30 10:00 | ライブレポート